レンサバ比較とWordPress

レンタルサーバー比較とWordPressのたブログ 初心者におすすめのレンタルサーバーの選び方

ネット関係

Google ChromeでHTTPS接続の状態をチェックしました

投稿日:

HTTPS化するときに、テンプレートにHTTPSでないURLの記述があるか確認することって書いてあったんだけど、そういった類のカスタマイズはしていないってことで確認していなかったんです。だけど、ちょっと気になって確認することにしました。

Google ChromeのSecurityパネル

テンプレートのソースを確認してもいいんだけど、もうHTTPS接続できているのでツールで確認できないものかと検索してみました。すると、あったんです。ブラウザのクロームでチェックできるんです。クロームでスマホ表示の確認するのと同じ感じでできるんです。

クロームでスマホ表示を確認している人は分かると思うけど、「その他のツール」「デベロッパーツール」と入ります。上のところに「Security」ってあります。

緑の四角があって、

Valid Certificate(有効な証明書)

Secure Connection(安全な接続)

Secure Resources(安全なリソース)

と表示されればOKです。

ウィジェットやメニューでHTTPのURLを使っていました

問題があるとしたら、Secure Resources(安全なリソース)のところだと思います。このブログは問題なかったんだけど、ウィジェットで問い合せボタンを設置していて、そこにHTTPS化していないURLを記述してあるブログがありました。あと、グローバルメニューの左端に「HOME」っていうのを追加していたんだけど、そこにもHTTPS化する前のURLが記述してありました。

そのテンプレートでは、挿入コンテンツっていうのがあって、トップページに表示するコンテンツを書くところがあるんです。「Search Regex」というプラグインを使って、一括で画像のURLをHTTPSに変換したんだけど、この挿入コンテンツの画像のURLがHTTPSになってなかったんです。そ挿入コンテンツは、記事ではないからだと思います。

これらは自分でやったことです。カスタマイズなんてしていないから大丈夫って思って見逃していたんです。そのブログは、トップページだけ「保護された通信」って表示されていなかったんだけど、これらを修正して全てのページで「保護された通信」って表示されるようになりました。

「保護された通信」って表示されてるから問題がないとは言い切れません。問い合わせボタンとグローバルメニューの「HOME」は全てのページに表示されていたんです。だけど、トップページ以外は、「保護された通信」って表示されていたんです。3個以上だと「保護された通信」って表示されないのだろうか?

参考記事
HTTPS接続の状態をチェックできるGoogle ChromeのSecurityパネル | 海外SEO情報ブログ

詳細は →

グーペ


-ネット関係

Copyright© レンサバ比較とWordPress , 2019 All Rights Reserved.