Rensaba+WordPress.net

初心者向けのエックスサーバーの使い方 レンタルサーバーとワードプレス.net

エックスサーバー

エックスサーバーのアクセス解析を使ってみることにする

投稿日: 更新日:

アクセス解析は、グーグルのサーチコンソールを使っていることが多いと思いますが、ブログを始めたばかりだとアクセスなんてないのが当たり前なので、サーチコンソールだと使いにくいと思います。それで、プラグインのJetpackのアクセス解析を使っていますが、エックスサーバーのアクセス解析も使ってみることにしました。

レンタルサーバーのアクセス解析を使ってみる

いろんなアクセス解析を使う必要はありません。ブログを始めたばかりの頃は、Jetpackのアクセス解析で十分です。そして、少しずつサーチコンソールに慣れていけばいいと思います。だけど、エックスサーバーのアクセス解析が気になったんです。

エックスサーバーの機能なので、アクセス解析を始めるときに設定というか、アクセス解析をオンにする必要がありますが、あとは何もしなくていいみたいです。ただ、自分のアクセスを除外しないと使いものになりません。

固定IPアドレスなら、簡単に除外することができるかもしれませんが、UQ WiMAXでインターネット接続しているので簡単ではありません。サーチコンソールの場合は、ワードプレスにログインしているときは、アクセスをカウントさせないようにしています。

レンタルサーバー負荷を調べるのに向いているようです

だけど、Jetpackのアクセス解析もそうですが、エックスサーバーのアクセス解析も、この方法で自分のアクセスを除外することはできません。レンタルサーバーに用意されているのは、アクセスアップを目的としいるというよりも、レンタルサーバーにどのくらいの負荷がかかっているを調べるのに向いているようです。

アクセスアップを目的とした場合、ほとんどこっちになると思いすが、その場合はグーグルのサーチコンソールやJetpackのアクセス解析の方がいいようです。それでも、せっかく使い始めたし、ブログが重くなったりすることもないようなので、しばらく有効にしておきます。

ワードプレスのアクセスを解析する場合、初心者のうちはJetpackのアクセス解析で十分だと思いますが、サーチコンソールに登録してデータを蓄積しておくことがも重要です。ブログを始めたら、必ずサーチコンソールにブログを登録しておきましょう。

レンタルサーバーに用意されているアクセス解析も使ってみるのもいいと思いますが、使わなくてもいいと思います。

詳細は →

エックスサーバー


-エックスサーバー

Copyright© Rensaba+WordPress.net , 2018 All Rights Reserved.