レンサバ比較とWordPress

レンタルサーバー比較とWordPressのたブログ 初心者におすすめのレンタルサーバーの選び方

プラグイン

WordPressのプラグインを自動更新にする方法が二つあります

投稿日: 更新日:

分かっている限りってことなんだけど、プラグインを自動更新にする方法がふたつあります。一つは、Advanced Automatic Updatesというプラグインを使う方法です。もう一つは、Jetpackというプラグインの「一元管理」を有効にする方法です。Jetpackだと、プラグイン毎に自動更新を有効にも無効にもすることができます。

プラグインをプラグインで自動更新にする

Jetpackのアクセス解析を使っていることも多いと思います。その場合は、Jetpackの「一元管理」を有効にして、プラグインを自動更新にするのがいいと思います。Jetpackを使っていない場合には、Advanced Automatic Updatesを使うのがいいと思います。

Advanced Automatic Updatesは、ワードプレスのメジャーなバージョンアップを自動更新させるためのプラグインですが、プラグインとテンプレートも自動更新にすることができます。ただし、Jetpackと違って、個別のプラグインの自動更新を有効にしたり、無効にすることはできません。

SiteGuard WP Pluginというプラグインを使えば、プラグインにバージョンアップがあるとメールでお知らせしてくれます。この機能を利用して、すぐにプラグインを更新するっていうのが一番いいと思います。

プラグインを自動更新にするのにもリスクはあります

だけど、すぐにプラグインを更新できないこともあると思います。それに、プラグインだけでなく、ワードプレス本体のバージョンアアップもあるし、テンプレートのバージョンアップもあります。しかも、複数のブログをやっているとなると、意外と面倒なんです。

それで、プラグインの自動更新にすることにしたんです。Advanced Automatic Updatesなら、プラグインの自動更新ができますが、ワードプレスのメジャーなバージョンアップを自動更新にもできるんです。それで、メジャーなバージョンアップを自動更新にしちゃいました。

あとは、テンプレートだけなんだけど、Simplicity2ってAdvanced Automatic Updatesのテーマを自動的に更新しますか?にチェックをチェックを入れて有効にすると、自動更新にできるのだろうか?子テーマにするときに、フォルダ名を変えちゃってるので、どっちにしてもダメかもしれません。


-プラグイン

Copyright© レンサバ比較とWordPress , 2018 All Rights Reserved.