レンサバ比較とWordPress

レンタルサーバー比較とWordPressのたブログ 初心者におすすめのレンタルサーバーの選び方

ワードプレス関係

feed-rss2.phpに1行追加するだけで、RSSの表示件数を変更する方法

投稿日: 更新日:

ワードプレスのRSSの表示件数は、「表示設定」の「RSS/Atom フィードで表示する最新の投稿数」で簡単に変更することができます。だけど、独自RSSを作成してXMLサトマップの代わりとしてサーチコンソールに登録する場合など、RSSによって表示件数を変えたいことがあります。

ワードプレスのRSSの表示件数を変更するカスタマイズ

そんな場合は、独自RSSで全記事を表示するために、ワードプレスのRSSの設定を全記事が表示できる数字にします。普通は1000記事でいいと思うけど、1000記事以上書く可能性があるなら、10000記事に設定すればいいと思います。

こうすると、標準のRSSである/feed/でも全記事が表示されてしまうので、feed-rss2.phpをカスタマイズします。1行追加するだけですので簡単です。

feed-rss2.phpの80行を超えたあたりに、

query_posts('posts_per_page=10');

を追加するだけです。

do_action( 'rss2_head');
query_posts('posts_per_page=10');
while( have_posts()) : the_post();?>

独自RSSなど、RSSによって表示件数を変えたい場合に有効です

query_posts('posts_per_page=10');をquery_posts('posts_per_page=20');にすれば、最新の20記事になります。

確認はしていませんが、ワードプレスの「表示設定」の「RSS/Atom フィードで表示する最新の投稿数」で設定した数字までしか表示されないんじゃないかと思いますので、最新の10件とか20件に表示件数を減らすことができるってことだと思います。

ワードプレスで独自RSSを使うことは少ないと思いますが、サーチコンソールに登録しているプラグインで作成したXMLサイトマップの調子が悪くて、独自RSSで全記事を表示してXMLサイトマップの代わりにサーチコンソールに登録するってことがあると思うんです。そんな人には、役に立つんじゃないでしょうか?

独自RSSをXMLサイトマップの代わりに、標準のRSSを最新の10件にしてRSSとして登録していますが、エラーも出ないし保留にもなりません。だけど、カテゴリーのページとか固定ページが除外されているんですけどね。

詳細は →

BASE


-ワードプレス関係

Copyright© レンサバ比較とWordPress , 2018 All Rights Reserved.