レンサバ比較とWordPress

レンタルサーバー比較とWordPressのたブログ 初心者におすすめのレンタルサーバーの選び方

ワードプレス関係

ワードプレスのRSSのテンプレートを上書きされないようにする方法

投稿日: 更新日:

ワードプレスの最初からある標準のRSSのテンプレートをカスタマイズすることがあると思います。だけど、ワードプレスのバージョンアップをすると、上書きされちゃうんだけど、再上書きするのって、意外と面倒なんです。それで、で上書きされないようにしたかったんです。

RSSのテンプレートを上書きされないようにする方法

もしかして、パーミッションを変えればいいんじゃないか?と思ったんですけど、違うみたいなんです。だけど、RSSのテンプレートの場所を変えることができると分かったんです。

子テーマのfunctions.phpに

remove_filter('do_feed_rss2', 'do_feed_rss2', 10);
function custom_feed_rss2(){
	$template_file = '/feed-rss2.php';
	load_template(get_template_directory() . $template_file);
}
add_action('do_feed_rss2', 'custom_feed_rss2', 10);

をコピペすればいいんです。

そして、親テーマに

/wp-include/内のfeed-rss2.phpをアップすればいいんです。

/wp-include/feed-rss2.phpだとワードプレスがバージョンアップしたときに上書きされてしまいますが、親テンプレート内のあるfeed-rss2.phpなら上書きされないんです。

feed-rss2.phpをテンプレート内に移動すればいいんです

今朝、日本語ローカル版のWordPress 4.8.2–jaにしたんだけど、そうしたら、ワードプレスで全記事を表示する設定にしていて、feed-rss2.phpをカスタマイズして最新の10件にしているんだけど、サーチコンソールを見たら全記事になっていたんです。

どうして?って思ったんだけど、すぐに、日本語ローカル版のWordPress 4.8.2–jaにバージョンアップしたからと分かりました。それで、ワードプレスのバージョンアップがあっても、feed-rss2.phpが上書きされないようにカスタマイズしたんです。

実際にカスタマイズしてみたら、とっても簡単でしたので、ワードプレスのRSSのテンプレートをカスタマイズしている場合は、この方法にするといいと思います。おすすめです。

WordPressでフィードのテンプレートをカスタマイズする | cms helog

詳細は →

BASE


-ワードプレス関係

Copyright© レンサバ比較とWordPress , 2019 All Rights Reserved.