レンサバ比較とWordPress

レンタルサーバー比較とWordPressのたブログ 初心者におすすめのレンタルサーバーの選び方

プラグイン

プラグインのAsync JavaScriptでJavaScriptを非同期にしてみる

投稿日:

Asynchronous Javascriptを使って、JavaScriptを非同期にしてみたんだけど、プラグインが4年くらい更新されていないことで、ワードプレスのログイン画面に警告が表示されるんです。それで、このプラグインを使うのをあきらめたんです。その代わりにAsync JavaScriptというプラグインを使ってみることにしたんです。

Async JavaScriptでJavaScriptの読み込みを遅らせる

Async JavaScriptの使い方が分からないので検索してみたんだけど、それらしい記事を見つけることができなかったんです。設定画面に「Async」と「Defer」があったんだけど分かりません。

調べてみると、読み込む順番を維持するとかしないってことなんだけど、どっちにしても問題ないみたいなので、デフォルトのままにしてあります。「Script Exclusion」の「Exclusions:」というのは、除外設定だと思うんです。

それで、Asynchronous Javascriptと同じ、jquery,base,html5shiv,scrollを追加しておきました。JavaScriptを非同期にして読み売込みを遅らせるのは、Asynchronous Javascriptと同じなので、Async JavaScriptでも除外しておいた方がいいと思ったんです。

CSSを非同期にして読み込みを遅延させたいんですけどね

どうして、プラグインのAsync JavaScriptを使ってJavaScriptを遅延させてみることにしたのかというと、グーグルアナリティクスでサイトの速度を確認してみたら、「平均読み込み時間」が7秒くらいのブログがあったからです。

5秒までは、とりあえずいいことにしているんだけど、4~5秒だったのに7秒くらいになっていたブログがあったんです。それで、何らかの手を打たないといけないと思ったんだけど、JavaScriptの読み込みを遅らせることしか思い浮かばなかったんです。

本当は、CSSの読み込みを遅らせるプラグインがあれば、CSSを非同期にして読み込みを遅延させたかったんだけど、そんなプラグインがないんです。Autoptimizeならあるんだけど、ちょっと怖いんですよね。キャッシュが増えてくるんです。少しくらいならいいんだけど、そうでもないみたいなんです。

STINGER5でAsynchronous Javascriptを使うときの設定 - 8wired
高速化、負荷軽減に導入しているWordPressプラグイン - 8wired


-プラグイン

Copyright© レンサバ比較とWordPress , 2019 All Rights Reserved.