レンサバ比較とWordPress

レンタルサーバー比較とWordPressのたブログ 初心者におすすめのレンタルサーバーの選び方

アナリティクス

Query Monitorをやめたから、平均読み込み時間が改善したのか?

投稿日:

平均読み込み時間が20秒にもなったブログがあったとき、ページ生成時間を確認できるプラグインのQuery Monitorを使い始めたんです。だけど、平均読み込み時間が改善しつつあることと、原因が分かったとしても、これ以上、ブログの表示速度を改善することができそうもないと判断し、Query Monitorをやめることにしました。

Query Monitorって、意外と重いプラグインなのかな?

そうしたら、皮肉なことに、Query Monitorをやめた全てのブログの平均読み込み時間が0.00秒になったんです。平均読み込み時間が遅くなっていたので、少しでもブログの表示を速くしようとプラグインを使ってページ生成時間などを確認していたんだけど、平均読み込み時間が遅くなる可能性があることは承知していました。

だけど、プラグインをやめた途端に、全てのブログの平均読み込み時間が0.00秒になるなんて思いもしませんでした。これって、何もしなくて良かったってことになりますよね?

つまり、平均読み込み時間が10秒以上という状態が何日も続くとか、そういうことでもない限り慌てて対策をする必要はないって思っていたんだけど、平均読み込み時間が20秒くらいだったので仕方なかったんです。

データベースの最適化は、自動をやめて手動でやっています

Query Monitorをやめたタイミングで、ブログの平均読み込み時間が0.00秒になったのは間違いないんだけど、平日に比べ土日のアクセスは少なめなので、レンタルサーバーの負荷が少ないんです。

それに、平均読み込み時間が20秒くらいになって、慌ててしまったんでけど、そんなに悪かったのは1回だけで1ブログだけだったんです。だから、平均読み込み時間が20秒だったのは、たまたまだったと思うんです。

便利なプラグインになればなるほど、レンタルサーバーに負荷がかかってブログが重くなる可能性が高くなるんです。普段は問題なくても、アクセスが増えたりすると、急にブログが重くなるってことがあるんです。

だから、便利なプラグンをほど使わない方がいいんです。それで、プラグインで自動でやると便利なんだけど、手動でできることは手動でやるようにしています。例えば、自動にしていたデータベースの最適化を投稿後に手動でやるようにしています。投稿後にデータベースを最適化するのが一番いいですからね。


-アナリティクス

Copyright© レンサバ比較とWordPress , 2019 All Rights Reserved.