レンサバ比較とWordPress

レンタルサーバー比較とWordPressのたブログ 初心者におすすめのレンタルサーバーの選び方

ブログ運営

記事があってもアクセスがなかったブログとは言えないと思う

投稿日:

ブログを始めても記事がなかったらブログとは言えません。だったら、1記事でもあればいいのかというと100記事くらいはないとブログとは言えない気がします。いくら記事が100記事あっても、アクセスが全くなかったらブログとは言えないと思うんです。

記事があってアクセスもあるのがブログだと思う

実際には、100記事も書いていればアクセスがないってことはありません。アクセスが少ししかないってことは普通にありますけどね。アクセスが少なくてもアクセスがあればブログとしては成立しているんです。

何記事あればブログとして成立しているのかは分からないけど、ブログを始めて100記事書けば、間違いなくブログってこことになります。100記事もないブログもあるし、アクセスのないブログもありますからね。

ブログを始めて100記事書けばブログをやっているって、みんなに言ってもいいと思います。みんなに言う必要はないんだけど、言ってもいいレベルってことです。言わない人が多いと思います。

100記事なら誰でも書けます。やる気があるかないかだけの違いです。だけど、100記事だとアクセスがあるんだけど少ないんです。アクセスを増やしたいなら、少なくとも500記事は書かないといけないって聞きます。100記事と500記事では全然違うんです。

3年で芽が出なかったら、ブログをやめる覚悟で始めよう!

100記事なら、やる気さえあれば何とかなります。だけど、500記事ってことになると、1日に1記事としても、2年くらいかかりますからね。ブログでなくても、何かを2年も続けるのだって難しいんです。ただでさえ難しいのに、記事を書くのを2年も続けるとなると、どうしても挫折する人が出てきます。

挫折しない方がいいんだけど、ぶっちゃけ、挫折するのなら早い方がいいんです。矛盾しているんだけど、長く続けないと上手くいきません。だけど、長く続ければ続けえうほど、挫折したときのダメージが大きいんです。

どこに線を引くか難しいところなんだけど、3年ブログをやって芽が出なかったら、あきらめるしかないと思います。1年でも2年でも芽が出ることがありますからね。30歳までにメジャーデビューできなかったら歌手の夢をあきらめるみたいな期限は設定しておかないといけないと思います。


-ブログ運営

Copyright© レンサバ比較とWordPress , 2019 All Rights Reserved.