レンサバ比較とWordPress

レンタルサーバー比較とWordPressのたブログ 初心者におすすめのレンタルサーバーの選び方

テンプレート

Javascriptをフッターで読み込むカスタマイズに変更してみました

投稿日:

JavaScriptを非同期で読み込むようにするプラグインのAsync JavaScriptを使っていましたが、Javascriptをフッターで読み込むカスタマイズに変更してみました。JavaScriptを非同期にしたり読み込みを遅らせるのって不具合が出やすいんんです。

STINGER PLUS2と相性のいいカスタマイズかも?

それで、プラグインのAsync JavaScriptでも除外設定をしています。だけど、Javascriptをフッターで読み込むカスタマイズにしてみたら、確認してみた限り問題ありません。でも、Javascriptをフッターで読み込んだり、JavaScriptを非同期で読み込むとなると、どうなんだろう?

って思ったので、プラグインのAsync JavaScriptを無効にして削除しました。このブログではSTINGER PLUS2を使っていますが、JavaScriptをどうにかしようとすると、スマホ表示のハンバーガーメニューが動かなくなることがありますが、今のところ大丈夫です。

Javascriptをフッターで読み込むカスタマイズの良いところは、ヘッダーのJavascriptがなくなってフッターに移動しているので、分かりやすいんです。これだけでブログが速くなったような気がします。

カスタマイズしたらヘッダーに1個のJavascriptもない!

ヘッダーで読み込んでいるJavascriptをフッターに移動するカスタマイズは、使っているプラグインなどによって表示が崩れたり、メニューが動かないなどの不具合が出ることがあるかもしれません。

だけど、この手のプラグインでは扱いやすいと思います。Javascriptを非同期に読み込むとか、Javascriptの読み込みを遅らせるっていうプラグインを使っても効果があるんだかないんだか分からないし、そもそも何をしているのか分からないんです。

だけど、このカスタマイズをするとヘッダーのJavascriptがなくなってフッターにあるんですから、とっても分かりやすいんです。だからって効果があるのか分かりませんが、上から順番に読み込んでいくってことであれば、確実にJavascriptの読み込みが遅れることになりますからね。年末の大掃除の前に、ヘッダーの大掃除をした気分です。だって、ヘッダーにJavascriptが1個もないんですからね。

WordPressヘッダーでレンダリングブロックしているJavascriptをフッターで読み込むカスタマイズ方法

詳細は →

WordPressテーマ「ハミングバード」


-テンプレート

Copyright© レンサバ比較とWordPress , 2019 All Rights Reserved.