レンサバ比較とWordPress

レンタルサーバー比較とWordPressのたブログ 初心者におすすめのレンタルサーバーの選び方

ワードプレス関係

ワードプレスの同じカテゴリーの個別記事だけに広告を表示する方法

投稿日:

必ずしも広告じゃなくていいんだけど、同じカテゴリーの個別記事のときにだけ広告を表示することができるんです。カテゴリーでできるってことは、タグでもできます。だけど、カテゴリーとタグの両方に表示させていると2重に表示しちゃう危険性があるのでおすすめしません。

なので、カテゴリーかタグのどちらか一方にした方がいいと思います。そうなると、カテゴリーにするのが無難だと思います。カテゴリーでもタグでも同じなんだけど、複数のカテゴリーやタグを選択していると広告が重複しちゃうことがあります。

同じカテゴリーの個別記事に同じ広告を表示する

ということで、このブログではカテゴリーだけにしました。

<?php if( !in_category(array('1','2'))): ?>
広告
<?php endif; ?>

<?php if( in_category(1)): ?>
広告
<?php endif; ?>

<?php if( in_category(2)): ?>
広告
<?php endif; ?>

広告が表示されたり表示されなかったりすると嫌なんです。それで、最初に全てのカテゴリーの記事で表示する広告を設定しています。そして、特定の1のカテゴリーと2のカテゴリーで表示する広告を設定して、それから、1のカテゴリーと2のカテゴリーを全てのカテゴリーで表示される広告から除外しているんです。

広告を追加したら、全体の広告を表示させないようにする

<?php if( !in_category(array('1','2'))): ?>
広告
<?php endif; ?>

で基本となる広告を表示させていますが、複数のカテゴリーを指定する必要がありますので、複数でない場合は、


<?php if(in_category(1)): ?>
<?php endif; ?>

を使うことになります。

だけど、0や1000など使っていない数字にしておけば、複数でなくても使うことができます。ちょっと強引なやり方ではありますが、広告を追加する予定がある場合は、この方が面倒がないと思います。

記事を修正しないで広告を変更できるので作業効率がいいんです

雑多なブログやノンジャンルのブログでなくても、カテゴリーごとに違う広告を貼りたいってことがあると思います。そんなときに便利な方法だと思います。最初は、全てのカテゴリーで同じ広告を貼っておき、徐々に特定のカテゴリーを別の広告にすることを想定しています。

特定のカテゴリーの広告を追加したら、忘れずに全体の広告からカテゴリーを除外してください。広告を追加したら、問題がないか広告を表示してみるでしょうから、その時に気が付きますけどね。

このブログでは、functions.phpに追記して個別記事の見出しタグのH2の上に広告を表示しています。この方法だと記事を修正することなく広告を変更できるんです。記事の先頭の画像は、テンプレートをカスタマイズしてアイキャッチ画像を表示してるんです。

どっちも記事を修正しなくていいんです。記事を修正するのは面倒なので記事を修正しないで、テンプレートの広告を変更したり、アイキャッチ画像を変更することができるので作業効率が上がるんです。

WordPressの条件分岐タグの使い方 - 特定の記事やページのみ広告を表示する | WP SEOブログ

詳細は →

BASE


-ワードプレス関係

Copyright© レンサバ比較とWordPress , 2018 All Rights Reserved.