レンサバ比較とWordPress

レンタルサーバー比較とWordPressのたブログ 初心者におすすめのレンタルサーバーの選び方

プラグイン

Contact Form 7を更新したので、送信してみたんだけど送信できない

投稿日:

問い合わせのメールフォームは、プラグインのContact Form 7なんです。プラグインのContact Form 7の更新をしたので、試しに送信してみたんだけど送信できないんです。それで、エックスサーバーのでRest API を有効にしてみたんだけど、うまくいかなくてメールアドレスを表示しています。送信できないメールフォームよりはいいですからね。

送信できないメールフォームになっていませんか?

エックスサーバーでRest APIを有効にしたんだけど、プラグインやfunctions.phpでRest APIが無効にされていることもあるようなんです。これでは、気が付かないうちにRest APIが無効になっている可能性があります。

それに、ほとんど問い合わせがないってこともあって、間違いのないメールアドレスの表示に変更しました。メールアドレスの表示だけだと問い合わせが減るって聞いたことがありますが、それでも、送信できないメールフォームのままにはできませんからね。

表示しているメールアドレスが送信できなかったら笑えませんので、実際に送信して確認しています。あと、スパム防止のために、アットマークを全角にしているので、半角に変更してもらうように書いてあります。

メールアドレスのアットマークを全角にしておくのは、おまじないみたいに思うかもしれませんが、本当に効果があるんです。スパムが来ないんです。送信する側にアットマークを半角に変える手間がかかるんですけどね。

WP Mail SMTPを使ってメールの送信をGmailに設定する

ネットショップなどの場合、メールアドレスを表示してだけでは、ちょっとって気がします。そんな場合は、プラグインのWP Mail SMTPを使ってGmailを使うっていう方法があります。

エックスサーバーをメールサーバーに設定することもできるんだけど、この場合もエックスサーバーのRest APIを有効にしないといけませんので意味がないんです。それで、Gmailってことなんです。

こうなったら、無料のメールフォームをワードプレスの固定ページに埋め込んじゃえばいいかもと思ったんだけど、ブログごとというか、ドメインごとに問い合わせ用のメールアドレスを作成したので必要ないかもしれません。

それでもって場合は、ブログごとに無料のメールフォームを作成してワードプレスの固定ページに埋め込むことになるんです。そこまでしても、ほとんど問い合わせがないと思うんです。それで、やめました。

メールアドレスを表示しておく方法が一番間違いないんです

ネットで検索して気が付いたんだけど、プラグインのContact Form 7のバージョンアップがあって更新したから、送信できなくなったんじゃないんです。Contact Form 7を更新する前から送信できなくなっていたんです。

では、いつから送信できなくなっていたのかというと、エックスサーバーから、Rest APIを無効にするっていうメールが来たときだと思うんです。確認してみると、去年の2月末なんです。

だとすると、Contact Form 7で送信できなくなったのは、エックスサーバーでRest APIを無効にしているからではない可能性があります。11か月も前からだとすると、Contact Form 7を何度も更新しているし、そのときに送信できるか確認しているはずなんです。

どっちにしても、しばらくの間、問い合わせできない状態になったのは確かだと思います。それで、確実に問い合わせできるようにするには、メールアドレスを表示することって結論になったんです。


-プラグイン

Copyright© レンサバ比較とWordPress , 2018 All Rights Reserved.