レンサバ比較とWordPress

レンタルサーバー比較とWordPressのたブログ 初心者におすすめのレンタルサーバーの選び方

ブログ運営

アクセス数が多い方が記事を書く気になるのは間違いない

投稿日: 更新日:

アクセスが少なくても、成果が出ていなくても、記事を書かないとダメなんす。アクセス数が少ないから記事を書かないなんていってたら、アクセスの多いブログになんてなりません。アクセス数や成果に一喜一憂せず、ブログの更新をしないといけないんです。だけど、アクセスが多い方が記事が書けるのは事実です。

記事を書く気がなくても、記事をかかないといけないんです

アクセスが多かったり、大きな成果があると、記事が書けるんです。だけど、アクセスが減るときだってあるし、成果が出ないときだってあるんです。だから、アクセスや成果に関係なく記事を書かないといけません。無理矢理にでも書かないといけません。

アクセスが少ないから記事が書けないなんていってると、成果が出なくても記事が書けないことになって、言い訳ばかりになって、ちっとも記事が書けなくなります。記事が書けないときは、アクセス解析を見るようにしています。そして、どの記事が人気なのか?どんなキーワードでアクセスしてるのか見るんです。

例えば、ツイッターの記事が人気なら、ツイッターについて記事が書けないか考えます。「JUGEMブログ」で検索している人が多いなら、JUGEMブログについても記事を書いてみます。ときどき、苦しまぎれに書いた記事が人気になったりあいますから、書いてみないと分からないものです。

アクセスを増やすには、書きやすい記事を書いてはいけない

そうやって、少しずつ、どんな記事に人気があるのか、どんな記事タイトルがいいのか、意識して記事を書くようになっていくんです。自分の書きたい記事なんだけどアクセスがない記事と、書くのが大変なんだけどアクセスの期待できる記事があるとしたら、アクセスの期待できる記事を書くようになるんです。

自分の書きたい記事を書きたいように書いて公開してもアクセスがないんじゃ何の意味がありません。アクセスをしない方が悪いなんて言ってちゃいけないんです。アクセスの期待できる記事を書かないと自己満足で終わっちゃいます。アクセスの多いブログにするには、どんな記事が人気なのか、タイトルはどうすればいいのか、試行錯誤することが必要なんです。

絶対にアクセス解析を見ないといけません。アクセス解析にGoogle Analyticsを使っている人も多いと思うけど、初心者には難しいと思います。Google Analyticsもいいけど、しばらくは、簡単なアクセス解析も併用した方がいいと思います。


-ブログ運営

Copyright© レンサバ比較とWordPress , 2018 All Rights Reserved.