レンサバ比較とWordPress

レンタルサーバー比較とWordPressのたブログ 初心者におすすめのレンタルサーバーの選び方

テンプレート

賢威7は、できるだけカスタマイズしない方がいいと思う

投稿日: 更新日:

本当は、賢威7はカスタマイズしなくても大丈夫ってことです。だけど、まだアクセスの多いブログを持っていない場合は、できるだけカスタマイズしない方がいいんです。下手にカスタマイズしちゃって、かえって悪くなるってこともあります。だったら、デフォルトのままの賢威7を使った方が間違いないんです。

実際に、SEOテンプレートの賢威7をカスタマイズしたこと

賢威7には、ページナビゲーションがありません。あるんだけど、人気プラグインのWP-PageNaviを使って表示できるようなページナビじゃありません。それで、プラグインのWP-PageNaviを使ってます。これもカスタマイズにはなると思うんだけど、初心者レベルのものです。

他には、人気プラグインのYet Another Related Posts Pluginを使っています。賢威7には、デフォルトで関連記事を表示する機能があります。アイキャッチ画像と記事のタイトルを表示できます。きっと、これで十分なんだと思うんだけど、抜粋記事も表示したくなったんです。

最初に、プラグインのWordPress Related Postsを使ったんだけど、とっても簡単にできました。それなのに、細かいところにこだわってしまって、ちょっと大変なんだけど、細かくカスタマイズすることのできるYet Another Related Posts Pluginを使ってアイキャッチ画像と記事タイトルに抜粋記事を表示させています。

SEOテンプレートの賢威7のカスタマイズは終了です

見た目で分かるカスタマイズは、これくらいです。それでも、ちょっとカスタマイズしすぎた感じがしていますので、ここまでで、カスタマイズは終了だと思います。これ以上、賢威7をカスタマイズして、かえって何かが悪くなってしまったらって気持ちが強くあります。

賢威7だって、さすがに、全くカスタマイズしないで使うってことは、まずまいと思います。カスタマイズはするんだけど、できるだけ賢威7の良さを邪魔しないようにしています。そして、何が何でも成果を出すんです。成果というのは、アクセス数のことです。ブログを始めたら、アクセス数が一番の目安になりますからね。

アクセスが増えてくれば、記事を書く気持ちなります。記事を書くことで、さらにアクセスアップが期待できます。そして、好循環になります。そうでないと、アクセスがなくテンションが上がらないまま記事を書かないといけません。これは、とても辛く厳しいものです。

詳細は →

WordPressテーマ「ハミングバード」


-テンプレート

Copyright© レンサバ比較とWordPress , 2018 All Rights Reserved.